ゼニカルはスイスに本拠を置く最大級の製薬会社が発売している肥満治療薬です。
主成分のオーリスタットは、食欲を抑えるのではなく、食べたものを吸収しにくくする作用があります。
ダイエットはしたいけれども食事制限は辛いという方は、ゼニカルの効果に大きく期待できるでしょう。

食事に含まれる栄養素のうち脂肪分は、リパーゼという酵素の働きで細かく分解され、腸壁から吸収されます。
ゼニカルの主成分オーリスタットはリパーゼの働きを阻害し、摂取した脂肪の約3割をそのまま体外へ排泄させる効果があります。
そのため大量に食べても痩せるというメカニズムです。

脂肪分の多い食事を好む方には、特にゼニカルの効き目が期待できるでしょう。
アメリカにおける臨床研究では、ゼニカルを1年間飲み続けた結果、約6割の人が体重を5%以上減らし、約3割の人は10%以上の減量に成功したとのことです。

日本人はアメリカ人とは食習慣が違うので、上記の数字をそのまま当てはめることはできません。
もともと脂肪分の少ない食事を摂っている方は、それほどの効き目を実感できない場合も考えられます。
しかし脂肪は肥満の大きな原因になりますし、ダイエットのために脂っこい食事を我慢しているという方は多いでしょう。
ゼニカルを服用することで、心おきなく好きな料理を楽しむことができます。

ただしゼニカルは飲めば即痩せるという薬ではありません。
摂取カロリーを減らすだけなので、積極的に体重を落としたければ運動などのダイエット方法を併用する必要があります。
また大きな効果を発揮するには、ある程度の期間は服用を続けなければなりません。

ゼニカルは日本では製造承認を受けていませんが、アメリカFDAからは承認されている薬で、確かな効果が検証されています。
日本では保険が適用されず、自由診療で処方している病院があります。
製造承認を受けていないため全部輸入品となり、1錠あたりの価格は200円~400円程度です。

もしくは通販で購入するという方法もあります。価格だけで言うならばゼニカルの購入なら断然通販がお得です。
ゼニカルは数ヶ月使い続けることも多いので、通販でまとめ買いをしたほうが結果的にお得であったという場合が多いでしょう。

ゼニカルの服用方法と副作用

ゼニカルのメカニズムを最大限に活かすためには、1日3回食後に服用するのが基本です。
飲み忘れたからといって食間に服用しても、あまり効果はありません。
そして本気で減量に取り組むなら、飲んだり飲まなかったりではなく、長期間続けることが大切です。
早い人で3か月ぐらいから、普通は半年~1年ぐらいで体重減少が期待できます。
ただし食事をしなければ、ゼニカルを服用する必要はありません。

また現在の体重をキープしたい場合は、脂っこい食事をしたときだけゼニカルを服用するという方法もあります。
脂肪分だけが排泄されるので、必ずしも痩せるわけではありませんが、カロリーコントロールに便利です。

ゼニカルの副作用として、肛門の締まりが悪くなり、便やガスが漏れやすくなることが挙げられます。
これは大量の油が消化されずにそのまま出てくるせいです。
十分に気をつけていれば防げますが、もしもの時に備えてナプキンなどを用意しておくと良いでしょう。

ビタミンAやEなどは脂溶性ビタミンで、油の中に溶け込んでいます。
ゼニカルは油を体外に排出してしまうため、この種のビタミンが不足してくることがあります。
極度に不足すると夜盲症や肌荒れ・乾燥などを起こすこともあるので、必要ならサプリメントなどで補給するようにしてください。

きわめてまれな副作用として、肝障害や腎障害を起こす場合もあります。
倦怠感や黄疸や食欲不振が続くようなら肝障害を、むくみや尿の減少が見られたら腎障害を疑う必要があります。
もともと肝臓や腎臓に疾患を持っている方、また妊娠中の方は服用できないので注意しましょう。
万が一異常を感じたら、服用を中止して医師の診察を受けることが重要です。